和食の暦 令和2年 2020年 読みのもカレンダー 二十四節気・七十二候 暦にちなんだ和食の話 年末年始の贈り物に 【送料一律1,500円】

・二十四節気・七十二候・雑節と和食のつながりを解説・和食に込められた読んでためになる先人の知恵を紹介・行事食や旬の食材をキレイなイラストで掲載・季節の和菓子(上生菓子や干菓子、図案を紹介)・意外と知らない野菜の花をタイトル画に採用・ミニコラムなどなど内容が豊富です。

暦で知る和食の魅力、 旬を楽しむ暮らし。
季節とともに移り変わる食の楽しみを、暦と一緒に読み物として紹介するカレンダー。二十四節気、七十二候、雑節と和食のつながりを解説しながら、和食という文化にこめられた、四季の恵みを暮らしに活かす知恵を伝えます。行事食や旬の食材、季節の和菓子などは美しいビジュアルで紹介。各月のタイトル画には「野菜の花」を、またコラムでは「米」を中心としたテーマを設定しました。暦として眺めることで、自然と和食の知識が身に付き、毎日の食卓が豊かになる、そんなカレンダーです。
販売価格 1,980円(内税)
購入数


About the owner

下田 和明

遠い過去より今日まで、人が手作りしたものには、必ずその作り手の心がうつされていると思います。お品物を手に取り眺めれば、何かしらその感触が伝わってきます。日常生活の中で使っているそのようなものたちは、様々な手が加えられてこの世に生まれてきたわけですが、物の役に立っている、人の役に立っていると思った瞬間にその作り手の心が瞬時にこちら側に伝わってくることを感じます。 そのような感覚が得られればそれらのものが愛おしく感じられ、できるだけ長く手元に置いて使っていきたいと思うようになります。そして、使い続けることによって、人と物、あるいは人と人とのつながりの大切さや尊さを心の奥深く沁みこませることができれば、日々の生活は豊かになると考えております。 和楽やでは、そのようなお品物を作り手さんとお会いして、意匠のこと、材料のこと、作業工程のことなどのお話をお聞きして、実際にお品物に触れて選んでいます。 多くのお客様に、長くお持ちいただきお役にたてばという思いで、作り手からお預かりしたものをお届けするように心がけております。

Top