UA-145628344-1

湯のみ茶碗 信楽焼 エッグカップ たて線仕上げ / Tea Cup "Tate Sen" Shigaraki-ware

■素材 陶器
■サイズ 約φ70mm(口縁)φ77mm(胴)H77mm
 (手作りなので寸法は個々に少しずつ違います)
■電子レンジ 可

古谷製陶所作「エッグカップ」。卵型のほっこりとした形状が可愛らしいカップです。
タイプは「渕荒横彫」「呉須線」「たて線」の3種類。いずれも個性が引き立つ優劣つけがたい装飾です。
口の部分がすぼんだ形をしていますので、香りをこもらせてくれます。ちょうど赤ワイン用のグラスを思い浮かべていただくと感じがわかります。

「たて線」は茶碗の胴の部分い入っている「線」を使ったデザインのことです。口縁から胴の上部を覆う「粉引(釉薬)」の白と胴の下部の部分の色合いが素敵なコントラストを見せ、線が入ることで、リズム感が生み出されています。

 作り手の手作り感がしっかりと残る仕上がりは、手のひらに持った時にその感触がすっと伝わってきます。素朴ゆえにじんわりと暖かい食卓を演出してくれる器です。

 麻を粗く編んだ「ザックリ感」のあるランチョンマットやテーブルクロスがよく合います。


■Pottery
■70 dia.(top) x 77 dia.(body) x 77mm height
Because most of articles we sell in this shopping site are handmade by artist, this measurement is approximate dimension. Please understand that each item’s size we would send you is not the exact same as we show it on this page.
■Microwave-safe

Egg Cup that has a pretty egg shape is one of the Furutani brands.
There are three different designs “Fuchiara Yokobori”, “Gosu line” and “Tate line” that distinct characteristics are difficult to choose.
These have good proportions and the egg round shape brings out it beautifully. You enjoy the flavor of coffee because of its pinched mouth.

“Tate Sen” is a name this article that represents a design of the pottery’s surface. The artisan designs a body of cup by using handwrite vertical stripes. The beautiful design shows you excellent contrast between a half top of cup where engobe is used and a half bottom of cup’s design produces a good rhythm with handwrite lines.

You could feel the sense of hand-made and in touch with the spirit of the craftsperson. You could enjoy your coffee break in a slow and relaxed manner by using this simple texture.
型番/PN R-TS-87
販売価格/
Sales Price
1,980円(内税)
購入数/
Quantity

■Order Request
(only for Foreign Customers)


How to use our shopping site



About the owner

下田 和明

遠い過去より今日まで、人が手作りしたものには、必ずその作り手の心がうつされていると思います。お品物を手に取り眺めれば、何かしらその感触が伝わってきます。日常生活の中で使っているそのようなものたちは、様々な手が加えられてこの世に生まれてきたわけですが、物の役に立っている、人の役に立っていると思った瞬間にその作り手の心が瞬時にこちら側に伝わってくることを感じます。 そのような感覚が得られればそれらのものが愛おしく感じられ、できるだけ長く手元に置いて使っていきたいと思うようになります。そして、使い続けることによって、人と物、あるいは人と人とのつながりの大切さや尊さを心の奥深く沁みこませることができれば、日々の生活は豊かになると考えております。 和楽やでは、そのようなお品物を作り手さんとお会いして、意匠のこと、材料のこと、作業工程のことなどのお話をお聞きして、実際にお品物に触れて選んでいます。 多くのお客様に、長くお持ちいただきお役にたてばという思いで、作り手からお預かりしたものをお届けするように心がけております。

Top